Twitterアナリティクスを使いこなす

今TwitterというSNSは月に二億八〇〇〇万人もの人がアクティブに利用している巨大なサービスになっています。これを無視して様々な活動を行うことはもはや出来ないといっても良いほどで、特に日本人はFacebookよりもTwitterを愛用しているという人も多いほどです。このサイトではそんなTwitterに関してその使い方やフォロワーの増やし方や関係性の築き方、運用方法や外部コンテンツとのコラボレーションなどについて詳しく解説していきます。

Twitterアナリティクスを使いこなす

 さて、先ほどは分析とそれによるフォロワーの増やし方について説明しましたが、他にも重要な分析方法が一つあります。それがTwitterアナリティクスです。これは自分のつぶやきが、どのような影響を与えているのかというのを知ることが出来るGoogleのアナリティクスのような、Twitter専用の分析ツールで、このTwitterアナリティクスのデータを見ることによって、反応の良いツイートの傾向を掴み、よりユーザーへと届く内容のツイートを繰り出すことが出来るようになります。

 結果としてエンゲージメントが高くなり、またツイートをする時間帯や、投稿の内容などについてもどのような違いがあったりするのかを、検証しながら運用することが出来るようになるのです。

Twitterアナリティクスを使うには

 実際にTwitterアナリティクスは、Twitterのアカウントさえあれば誰でも無料で利用することが出来ます。しかし、分析できるのはあくまで自分のアカウントの運用状況に関することのみで、他人のアナリティクスを閲覧することは出来なくなっています。まぁ、当たり前な話しですけどね。

 実際にTwitterアナリティクスにアクセスするためには、PCのTwitter画面からメニューアイコンをクリックして表示されるメニューから「アナリティクス」をクリックすればオーケーです。また、アカウントにログインした状態でアナリティクスのURLへとアクセスすることによっても使うことが出来ます。スマートフォンからは今のところ、おおざっぱなエンゲージメントのデータしか見ることが出来なかったかと思います。

Twitterアナリティクス

https://analytics.twitter.com

Twitterアナリティクスの注意点

 ちなみに注意しておきたいのはログインしても過去のツイートのデータは見られないということがあったりします。これはどういうことかというと基本的にインプレッションやエンゲージメントのデータはTwitterアナリティクスに登録された後に解析が始まっていくので、もしまだ「Twitter広告またはアナリティクスへの登録後に投稿したツイートについて、インプレッションとエンゲージメントに関するデータを利用できます。今すぐツイートして始めましょう!」などのメッセージが表示されているのであれば、データの集積はスタートしていません。ですので、「使うのはまた今度だからいいや」と思って登録していないでいると大切なデータを見逃し続けていることになってしまいます。

 今現在は仕様が変わっているかもしれませんが、自分自身が利用をスタートしたときはそうでしたので、なるべく登録だけでもしておきましょう。

実際のアナリティクスで見られるデータとは?

 このアナリティクスで見られるツイートアクティビティでは主に以下のようなデータを閲覧することが出来るようになっており、それぞれを分析に当てることができます。

インプレッション
ユーザーがTwitterでツイートを見た回数
エンゲージメント
ユーザーがツイートに反応した合計回数。これはツイートのクリック 、ハッシュタグ、プロフィール画像、ユーザー名、リンク、ツイートの詳細表示のクリック、リツイート、返信、フォロー、お気に入り登録を含むものです。
エンゲージメント率
エンゲージメント (クリック、リツイート、フォロー、お気に入り登録、リプライ) の数をインプレッションの合計数で割って算出した数値です。
月ごとのツイート
 最もインプレッションを獲得したツイート、エンゲージメントが高かった他のユーザーからの@ツイート、トップフォロワー、トップのメディアツイートが確認できるようになっています。さらにここから「月の概要」としての、ツイートインプレッション、新しいフォロワー数などを見ることもできます。
オーディエンス
 このオーディエンスは、フォロワーやすべてのTwitterユーザーとオーガニックなオーディエンスのユーザーの属性データを確認することができるようになっています。これは比較対象を指定することも出来るようになっており、自分でオーディエンスを指定して、表示することも出来るのです。

 それぞれの消費スタイルや興味のあるものなどを分析して、自らの分析によって定めたであろう客層と最終的には合致するのかどうか見てみましょう。

このように分析にも相当強い

 このように様々なデータを見ることが出来、それを自分のアカウントやそのコミュニティーに対して行っていくこと、また企業であればその活動などにも生かしていくことが出来るようになっています。これはもちろんある程度フォローとフォロワーまたはユーザーとの関係性が築かれていかないと難しいものではありますが、ソーシャル(社交)メディアとしての本質はそこにあり、また、実際にその中で自分の役割を最大化していくことによって、最終的な大きな利益となって跳ね返ってくるということもあるのです。

 分析、そして、実行、どちらも大切にしながら、基本を忘れず、人の為になることをやっていきましょう。