はてなブログについて

今TwitterというSNSは月に二億八〇〇〇万人もの人がアクティブに利用している巨大なサービスになっています。これを無視して様々な活動を行うことはもはや出来ないといっても良いほどで、特に日本人はFacebookよりもTwitterを愛用しているという人も多いほどです。このサイトではそんなTwitterに関してその使い方やフォロワーの増やし方や関係性の築き方、運用方法や外部コンテンツとのコラボレーションなどについて詳しく解説していきます。

はてなブログについて

 また先ほども説明しましたが、Twitterなどと親和性が非常に高いのがブログサービスです。そんな中でも人気が高いのがこのはてなブログで、SEO面からいうと決して強いものではありませんが、独特のサービスを内部に持っており、高いアクセス数と高い拡散力を誇ることから人気のあるブログサービスの一つになっています。

 ここではそんなはてなブログと、はてなブックマークについて詳しく紹介していこうと思います。

はてなブログとは?

 「書き残そう、あなたの人生の物語」というキャッチコピーを持つこのはてなブログは、はてなのブログサービスです。

 2011年11月7日に招待制のベータ版としてサービスが開始し、同年12月27日にオープンベータに移行し、2013年1月23日に正式版のサービスとして開始しました。個人のブログから企業のオウンドメディアまで、様々なブログが開設されています。特にクリエイターの利用率が高く、現在角川はてなとしてコラボサービスなども作っていることから、今後が非常に期待できるサービスになっております。

 有料プランとして「はてなブログPro」が用意されています。はてなブログProでは、独自ドメインの利用や広告非表示等が可能になります。 また、企業向けの「はてなブログMedia」や、「NPO支援プログラム」「図書館支援プログラム」が用意されています。特にこのサービスが素晴らしいのははてなブックマークというソーシャルブックマークやソーシャルニュースとの連携で、話題になった記事などは様々なスマートフォンのニュースアプリにて配信され、巨大なアクセスを生み出せるというところです。

 実際に筆者もTwitterなどと組み合わせて利用してみた結果、一ヶ月で月間三万PV、三ヶ月で月間十万PVレベルまで増やすことが出来るようになりました。

はてなブックマークとは?

 はてなブログの屋台骨を支えるのがこのはてなブックマークです。これは「ソーシャルブックマーク」、「ソーシャルニュース」サービスです。略称は『はてブ』です。ユーザーがウェブブラウザで「ブックマークレット」を起動するか、ブログやニュースサイト等に設置された「はてなブックマークボタン」を押すと、記事のURLがブックマークとして保存されます。任意で全角・半角100文字までのコメントやタグも付けることができ、複数のユーザーが登録することで、その記事に関するコメントやタグが蓄積されて行く。これを一覧表示すれば電子掲示板のように楽しむことが出来ます。

ニュースサイトとしての効能

 また被ブックマーク数を「はてなブックマークボタン」に表示して、読者やオーナーに記事の注目度を知らせることも可能です。特に人気の高いものは、はてなブックマークのトップページに「最近の人気エントリー」(ホッテントリ)として集められ、ニュースサイトとしても楽しむことも出来るようになっています。

 ブックマークを共有することで、ネット上でどんなニュースが盛り上がってるか、他のユーザーがどんなページをブックマークしているかを客観的・数値的に知ることが出来るようになりました。はてなブックマークのユーザーは携帯を含めて600万人/月(延べ)で、JR名古屋駅の月間乗降客数に匹敵する規模です。これが月に約51万エントリー(7年平均)の新しい有用なページ・注目すべきページを発見して、既存のページも含めて約2.8個のコメントを付けて分類評価しています。人力でフォークソノミーし集積した数千万エントリーのデータは検索エンジンの自動分析では実現できない独特のコンテンツを生み、ボトムアップ的なコミュニティを形成し、はてなブックマークのユーザー以外も巻き込んでネット世論の一部を形成しています。